本文へスキップ

佐賀市とその近隣地域を中心に地域密着型で対応しております。遺言・相続、離婚、成年後見、労働問題(労使紛争)、入管手続き等でお悩みでしたら、行政書士 暁事務所までお気軽にご相談ください!

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4

取扱業務_遺言関係業務

トップページ取扱業務 > 遺言関係業務
行政書士 暁事務所では、「遺言書」に関する以下の業務を取り扱っております。ご相談はお気軽にどうぞ。


遺言書を作成するメリット

遺言をすることにより、自分の意思を死後に伝え、遺族間の相続争いを防ぐことができます。

ちなみに、死亡して遺産を相続される人のことを「被相続人」、遺産を相続する人のことを「相続人」といいます。

遺言がないと、法定相続分を基に相続人同士で話し合って、遺産を分割することになるのですが、遺言があればその内容に従うことになります。ただし、相続人の反対意思や遺留分権利者などがいれば、完全に遺言者(被相続人)の意思のとおりとならない場合もあります。

遺言を遺すメリットとして一例を掲げれば、法定相続人が妻と妹1人の場合で、遺言で妻に預貯金も居宅も全て相続させる旨があれば、妻が反対の意思でない限りは、妹には遺留分がないため、妻が全て相続することができます。

しかし、この場合で遺言がなければ、妹は自分の法定相続分を主張することができるため、預貯金が少なければ、妹への相続分の支払いのために、居宅を売却しなければならない可能性もあります。

遺言書の種類

遺言の種類は普通方式として、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があり、特別方式として、危急時遺言、隔絶地遺言の2種類があります。

秘密証書遺言は、遺言の存在を明確にして、その内容は秘密にするという性質のもので、偽造・変造のおそれはないですが、公証役場で遺言書の保管がされないので、紛失・未発見のおそれがあり、実際はあまり使われていません。

特別方式の場合は、死が差し迫っているような場面などに限られるため、健康なうちに自分の死後を考えて準備しておくようなものとしては、あまり適さないでしょう。

この中で広く一般的に使われるのは、自筆証書遺言と公正証書遺言になります。この2つについては次項に記載します。


自筆証書遺言と公正証書遺言の特徴

自筆証書と公正証書の場合での、メリットやデメリットは以下の表のとおりとなります。おすすめなのは公正証書のほうです。

自筆証書遺言 公正証書遺言
作成者 遺言者自らが書いて作成する。 公証人と証人2名の立会いのもとで公証役場で作成される。
証人 不要 通常は2名の証人が必要
手続等の費用 不要 公証役場での手数料(目的の財産額等による)と証人への謝礼が必要
保管方法 遺言者本人が保管するか、信頼できる者に保管を委ねる。 原本は公証役場で保管される。

謄本は遺言者本人が保管し、正本は信頼できる者に保管してもらう。
家庭裁判所への検認 必要 不要
メリット 手軽に作成できる。

費用がかからない。
紛失・偽造・変造・隠匿・破棄の危険が少なく、遺言の信憑性も高いため、遺言の内容がほぼ確実に実現される可能性が高い。

家庭裁判所の検認が不要なため相続開始後ただちに遺言を執行できる。
デメリット 紛失・偽造・変造・隠匿・破棄の危険があり、遺言の信憑性も低いため、遺言の内容が実現されない可能性もある。

相続開始後に家庭裁判所の検認が必要なため遺言執行に時間がかかる。
作成するのに手間がかかる。

公証役場や証人に対する費用がかかる。

遺言書に関するサポート業務

当該業務における主なサポート内容は以下のとおりです。

1.遺言の作成に関する相談対応
2.遺言書の文案作成
3.遺言書の添削(自筆証書の場合)
4.公証役場の手続き(公正証書の場合)
5.証人1人としての出頭(公正証書の場合)
6.他の証人の斡旋(公正証書の場合)

料金「遺言書関係」(税抜)

自筆証書遺言の作成/30,000円〜
公正証書遺言の作成/50,000円〜

※公正証書の場合は上記料金の他、公証役場の手数料や証人への謝礼(2名×20,000円)が必要となります。

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせへ|行政書士 暁事務所

<スポンサーリンク>



取扱業務

採用情報

アクセス

行政書士 暁事務所 〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4 TEL:0952-60-3464 営業時間:平日09:00〜17:30 ご相談、お問い合わせはこちらへ

社会保険労務士 暁事務所|他の専門サイトへ移動

遺言関係業務|業務専用ページへ

相続関係業務|業務専用ページへ

成年後見関係業務|業務専用ページへ

離婚関係業務|業務専用ページへ

労働問題解決支援|業務専用ページへ

労働者向け退職サポート|業務専用ページへ

事業承継(企業の相続)支援|業務専用ページへ

FPによる保険設計|業務専用ページへ

*戸籍の基礎知識>>

*住民票の基礎知識>

*内容証明とは>>>

*公正証書とは>>>

*告訴と告発の違い>

*書類送検とは>>>

*詐欺と強迫>>>>