本文へスキップ

佐賀市とその近隣地域を中心に地域密着型で対応しております。遺言・相続、離婚、成年後見、労働問題(労使紛争)、入管手続き等でお悩みでしたら、行政書士 暁事務所までお気軽にご相談ください!

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4

告訴と告発の違い

トップページお役立ち > 告訴と告発の違い
告訴と告発の違いについて、解説しています。
<スポンサーリンク>

告訴と告発の違い

告訴とは、告訴権者(被害者、被害者の親権者や後見人など、被害者が故人の場合なら配偶者や一定の親族)が、捜査機関に犯罪事実を申告して訴追を求めることをいいます。

告発とは、告訴権者と犯人以外の者が、捜査機関に犯罪事実を申告して訴追を求めることをいいます。

告発の場合は、事件に関係していない人でもできるということになりますが、親告罪についてはできません。親告罪を訴えることができるのは告訴権者のみとなります。

告訴と告発の他には、被害届も間違われることが多いです。

親告罪と被害届については、以下の項で説明します。


親告罪とは

告訴権者からの訴えがなければ刑事事件として起訴できないこととされている犯罪のことを「親告罪」といいます。

主なものは、被害者の名誉に関するもの、軽微な事件、家族に関するもの、私権に関するものなどが掲げられます。

これらの犯罪行為は、事実が公にされることによって被害者側に不都合となる場合もあり得ますので、被害者側に訴追をするかどうかの選択権が与えられているのです。

告訴(告発)と被害届の違い

告訴(告発)の場合は、捜査機関に以下の義務を生じさせることになりますが、被害届にはこのような義務がありません。

告訴(告発)を受けた捜査機関は調書を作る必要があり、例えば警察が告訴(告発)を受理した場合は、事件に関する書類や証拠品を検察官に送付し、検察官は起訴するか否かを判断して、その結果を告訴(告発)人に伝えなければなりません。

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせへ|行政書士 暁事務所

<スポンサーリンク>



取扱業務

採用情報

アクセス

行政書士 暁事務所 〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4 TEL:0952-60-3464 営業時間:平日09:00〜17:30 ご相談、お問い合わせはこちらへ

社会保険労務士 暁事務所|他の専門サイトへ移動

遺言関係業務|業務専用ページへ

相続関係業務|業務専用ページへ

成年後見関係業務|業務専用ページへ

離婚関係業務|業務専用ページへ

労働問題解決支援|業務専用ページへ

労働者向け退職サポート|業務専用ページへ

事業承継(企業の相続)支援|業務専用ページへ

FPによる保険設計|業務専用ページへ

*戸籍の基礎知識>>

*住民票の基礎知識>

*内容証明とは>>>

*公正証書とは>>>

*告訴と告発の違い>

*書類送検とは>>>

*詐欺と強迫>>>>