本文へスキップ

佐賀市とその近隣地域を中心に地域密着型で対応しております。遺言・相続、離婚、成年後見、労働問題(労使紛争)、入管手続き等でお悩みでしたら、行政書士 暁事務所までお気軽にご相談ください!

TEL:0952-60-3464

〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4

公正証書とは

トップページお役立ち > 公正証書とは
公正証書について、解説しています。
<スポンサーリンク>

公正証書とは

公正証書とは、公証役場による公証人が作成する公文書のことをいいます。

公証人は、裁判官、検察官、弁護士などを長年勤め、法務大臣から任命された者が、その職務に就きます。

公正証書の効力

公正証書には、極めて強力な証拠力があり、その原本は公証役場に保存され、偽造・変造・紛失などの心配もありません。

公正証書に強制執行ができる旨の規定を入れておけば、訴訟を起こす必要もなく、相手方の財産を差し押さえることができます。つまり、最初から勝訴判決を得ているのと同じことになります。ただし、金銭債務についてのみ強制執行できるに止まります。


公正証書が利用されるケース

公正証書が比較的利用されるケースとしては、遺言、遺産分割協議、離婚協議、養育費の支払い、金銭消費貸借契約(借金の契約)などです。将来起こり得るかもしれないトラブルを未然に防ぐための予防的効果が期待できます。

なお、法律によって公正証書でないと契約の効力が認められないものもあります。任意後見契約や事業用借地権の設定契約などがそうです。

公正証書の作成手順

1.まず、公正証書の作成について、当事者双方の合意ができているなど、争いがない状態でなくてはなりません。

2.公証役場に電話で問い合わせ、必要書類の確認、出頭日時の予約を行います。

3.公証役場に出頭し、受付をします。

4.公証人から当事者等の身分確認が行われます。

5.公証人から当事者等に対して、公正証書の作成に必要な内容の聴き取りが行われます。

6.公証人が公正証書(原本、正本、謄本の3通)を作成します。

7.公証人が当事者等に対して、作成した公正証書の内容を読み聞かせるか閲覧させるかして、内容を確認させます。

8.公証人と当事者等が、公正証書の原本に署名押印します。

9.公正証書の原本は公証役場に保存され、正本や謄本は当事者等に交付されます。なお、当事者等の誰に正本が謄本が交付されるかは、公正証書の契約内容によります。

お問い合わせはこちらへ

お問い合わせへ|行政書士 暁事務所

<スポンサーリンク>



取扱業務

採用情報

アクセス

行政書士 暁事務所 〒840-0055 佐賀県佐賀市材木二丁目1−4 TEL:0952-60-3464 営業時間:平日09:00〜17:30 ご相談、お問い合わせはこちらへ

社会保険労務士 暁事務所|他の専門サイトへ移動

遺言関係業務|業務専用ページへ

相続関係業務|業務専用ページへ

成年後見関係業務|業務専用ページへ

離婚関係業務|業務専用ページへ

労働問題解決支援|業務専用ページへ

労働者向け退職サポート|業務専用ページへ

事業承継(企業の相続)支援|業務専用ページへ

FPによる保険設計|業務専用ページへ

*戸籍の基礎知識>>

*住民票の基礎知識>

*内容証明とは>>>

*公正証書とは>>>

*告訴と告発の違い>

*書類送検とは>>>

*詐欺と強迫>>>>